大腸CT検査の長所とピットフォール

category:要旨
2018.06.29

大腸CT検査の長所とピットフォール

1)岐阜大学医学部放射線科
2)岐阜大学附属病院光学診療部
3)岐阜大学医学部腫瘍外科
富松英人1)、藤本敬太1)、久保田全哉2)、井深貴士2)、松橋延壽3)、高橋孝夫3)、荒木寛司2)、清水雅仁2)、吉田和弘3)、松尾政之1)

 大腸CTは客観性が高く、比較的簡便な大腸検査であるが、読影時のピットフォールをさけるため、押さえておく
べきいくつかのポイントがある。また、大腸CTは小病変・平坦病変の検出に限界があることが既に認識されており、
インフォームドコンセントを行うことが重要である。

 CT colonography (CTC) is highly objective and relatively convenient examination compare to total
colonoscopy. There are some essential points when studying image interpretation skill for CTC to avoid
falling pitfalls. It has already been recognized that CTC has some limitations such as the detection of small
lesion and that of flat lesion. Regarding the limitation of CTC, it is important to give informed consent to
the person going to undergo.

RadFan2018年7月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る