磁気センサ併用によるFibroscan®の精度向上の試み

category:要旨
2018.05.07

磁気センサ併用によるFibroscan®の精度向上の試み

1)日本大学医学部消化器肝臓内科
2)GEヘルスケア・ジャパン株式会社
松本直樹1)、小川眞広1)、熊川まり子1)、渡邉幸信1)、平山みどり1)、三浦隆生1)、中河原浩史1)、森山光彦1)、加藤 生2)

 Fibroscan®は肝硬度測定において普及しているが、Bモードがない点が短所である。本研究では、CTまたは
MRIの画像を超音波装置に取り込み、磁気センサを併用してリアルタイムのBモード像と同期し、肝硬度測定を行
った。本法により肝臓の位置を確認しながら測定することが可能であった。

 Fibroscan® has been used for evaluation of liver fibrosis. However, it could not show B mode image. At
first, we took volume data of computed tomography (CT), or magnetic resonance imaging (MRI) into the
ultrasonographic equipment, and measured liver stiffness with fusion images using magnetic sensor. This
method helps us to confirm the location of the liver when liver stiffness is measured.

RadFan2018年5月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る