肝がん局所療法のプランニングから効果判定までの3D sim-Navigatorの活用

category:要旨
2018.05.07

肝がん局所療法のプランニングから効果判定までの3D sim-Navigatorの活用

愛媛大学大学院消化器・内分泌・代謝内科学
廣岡昌史、小泉洋平、今井祐輔、中村由子、阿部雅則、日浅陽一

 RVSをベースに開発された3D sim-Navigatorはこれまでバイポーラ型電極によるmultipolar ablationで活
用されてきた。最近焼灼予測範囲シミュレーション機能であるE-fieldが追加された。モノポーラ型電極で焼灼部位
周辺に重要な脈管や臓器がある場合や複数回穿刺焼灼の症例での活用が期待されている。実際にE-fieldを使用
した治療症例は十分な焼灼範囲と周辺への過度な焼灼がなく有用な治療が行えた。

 3D sim-Navigator was developed by improving on the real-time virtual ultrasonography system. This
system has been utilized to achieved the insertion of some bipolar electrodes appropriately. Recently,
E-field was added as a new simulation system to predict ablation area before treatment. By using E-field,
both the patients with hepatocellular carcinoma in Spiegel lobe and segment 6 were treated completely
and safely by monopolar electrode.

RadFan2018年5月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る