経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)におけるtwo-step insertion methodの有用性~安全で確実なRFA治療の普遍的な確立を目指して~

category:要旨
2018.05.07

経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)におけるtwo-step insertion methodの有用性~安全で確実なRFA治療の普遍的な確立を目指して~

武蔵野赤十字病院消化器科
土谷 薫、安井 豊、高田ひとみ、渡壁慶也、王 婉、岡田真央、清水隆夫、小宮山泰之、久保田洋平、樋口麻友、高浦健太、玉城信治、中西裕之、板倉 潤、黒崎雅之、泉 並木

 肝癌に対するラジオ波焼灼療法では標的病変の存在部位・腫瘍径・超音波での描出形態により治療難易度が異
なり、また治療の質は術者の経験年数に依存することが多い。今回我々はtwo-step insertion methodの非熟
練者のRFA治療における有用性について検討した。結果として非熟練者では対象結節を右葉の描出良好な結節と
し上記手法を用いれば熟練者と同等のレベルのRFA治療が施行可能であった。

 Radiofrequency ablation (RFA) is one of the most important local therapies for hepatocellular carcinoma
(HCC) and it is necessary for achieving long survival to perform RFA safety and properly. In this
manuscript we reported about usefulness of two-step insertion method in patients with early-stage HCC.

RadFan2018年5月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る