一大転換期を迎えている肝疾患診療を支える超音波検査の最新トレンド | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

一大転換期を迎えている肝疾患診療を支える超音波検査の最新トレンド

category:要旨
2018.03.30

一大転換期を迎えている肝疾患診療を支える超音波検査の最新トレンド

虎の門病院肝臓センター 斎藤 聡

 我が国の肝疾患の中心であったC型肝炎が消滅するのも時間の問題である現在、B型肝炎はウィルスが制御されるも、
ウィルス性肝疾患の発癌は残る。また、肝疾患として増加しているNASH及びアルコール性肝疾患に対する対応が重要と
なる。高齢化社会では肝癌治療も超音波ガイドの治療が重要性を増すと思われる。

 It is also a matter of time that the hepatitis C which was the center of liver diseases in Japan has
disappeared. Currently, although hepatitis B is controlled by virus, the oncogenesis of viral liver disease
remains. Also, measures against NASH and alcoholic liver disease that are increasing as liver diseases are
also important. In the aging society, treatment of hepatocellular carcinoma with ultrasonic guidance is
thought to increase importance.

RadFan2018年4月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る