IVRのトレンド予測2018 診療材料・診断機器の進歩と適応拡大ならびにIVRの方向性 | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

IVRのトレンド予測2018 診療材料・診断機器の進歩と適応拡大ならびにIVRの方向性

category:要旨
2018.03.30

IVRのトレンド予測2018 診療材料・診断機器の進歩と適応拡大ならびにIVRの方向性

静岡県立静岡がんセンターIVR科 新槇 剛

 2018年春の診療報酬改定では、診療材料について様々適応範囲が広がる見込みである。診療材料の他、診断機器も発展
を遂げており、本邦で行えるIVRの幅が広がると思われる。一方薬剤の進歩もめまぐるしく、診療報酬の改定を機にIVRのエ
ビデンスを強固にする必要がある。それが近未来に繋がるのではないかと思う。

 In 2018, by the revise of the insurance, the indication of many devices for IR procedure will be extended.
In addition, some modality e.g. computed tomography, ultrasonography, and so on, is developed.
Therefore IR procedure will be developed. On the other hand, chemotherapeutic agent for cancer, especially
Hepatocellular carcinoma, will develop therefore the evidence of our IR procedure should be consolidated.
These evolutions maybe lead our bright future.

RadFan2018年4月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る