2018年における、CTのトレンドと最新動向

category:要旨
2018.03.30

2018年における、CTのトレンドと最新動向

済生会川口総合病院 富田博信

 2018年のトレンドを考えると、X線CT装置のトレンドは大きく2つの方向と考える。1つは空間分解の向上、2つ目はDual
Energy技術による更なる情報量の増加である。また、ポストプロセス(ワークステーション後術の発達)の自動化により撮
影法の変化も特徴的である。最新の論文ではPhoton-Counting CTの性能評価なども報告されており今後に期待される。

 I think the trend of the X-ray CT in 2018 is two directions. The first is the improvement of spatial resolution,
the second is the development of Dual Energy CT technology. Furthermore, simplification of the scanning
method by automating the post process is also characteristic. In the recent paper, performance evaluation of
Photon-Counting CT has been reported, and we greatly expect the future of CT.

RadFan2018年4月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る