CTの動向とこれからの技術開発

category:要旨
2018.03.30

CTの動向とこれからの技術開発

愛媛大学医学部附属病院放射線科 松田 恵

 本稿では2018年のCTのトレンドと今後の動向に関して取りあげ、各社の新製品についても併せて紹介する。また、注目の
論文では、CTの技術発展や検査件数増加に伴い、CTの乳房内病変評価における有用性の高まりが期待される中、我々診
断医が遭遇する機会も増加が予測され、十分な理解を要すると考えられるIncidental Breast Lesionsに関する論文につ
いて解説・紹介する。

 In this article, we will discuss trends in 2018 and future development in the CT field. And we will
introduce some research papers about “Incidental Breast Lesions”. We think that the frequency of
detection of these lesions will increase, along with development of CT technology and increase of CT use in
Japan. It is important for radiologists to understand and diagnose these lesions correctly because CT might
be the earliest opportunity to detect breast cancer.

RadFan2018年4月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る