期待される追加検査と問題点

category:要旨
2017.10.31

期待される追加検査と問題点
日本赤十字社さいたま赤十字病院乳腺外科部長 齊藤 毅


 高濃度乳房に対するマンモグラフィ(MG)による乳癌検診には限界があり、診断に苦慮する可能性がある。加え
て、高濃度乳房は乳癌発症の高リスク因子の一つであるともされており、追加検査の必要性が研究されている。正
常の乳腺組織と腫瘤との分界に関するMGの弱点を克服すべく超音波検査(US)、トモシンセシス、magnetic
resonance imaging(MR)などが候補に挙がっている。それぞれの長所短所を俯瞰し、J-STARTが明らかにし
た日本におけるMGにUSを併用した場合の成績が私たちに教えてくれたものをあじわい理解したい。

 Increased breast density can obscure subtle signs of malignancy on a mammogram. It may lead to
delaying diagnosis. Moreover some evidence showed that increased breast density is associated with
increased risk of breast cancer. Supplemental modalities include anatomic-based modalities (whole breast
screening ultrasound (WBUS), handheld US (HHUS), digital breast tomosynthesis and functional modalities
(magnetic resonance imaging (MR)). It is important to understand differences in the characteristics of
these modalities. Overviewing past researches helps us to realize the significant results of J-START.

RadFan2017年11月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る