甲状腺癌に対する放射性ヨウ素内用療法治療の際の注意点

category:要旨
2017.10.03

甲状腺癌に対する放射性ヨウ素内用療法治療の際の注意点
金沢大学附属病院核医学診療科 萱野大樹


 分化型甲状腺癌に対する放射性ヨウ素131内用療法では、患者の状態に応じて適切な投与量、タイロゲン利
用の有無を決める。タイロゲンを用いた画像評価の際は、病変集積が偽陰性になる可能性があるので注意が必要
である。

 In radioiodine-131(I-131) therapy for well-differentiated thyroid cancer, it is important to use adequate
doses of I-131 and to decide whether to use recombinant human-stimulating hormone as to patient’s
condition. When using recombinant human-stimulating hormone, we have to pay attention to falsenegative
findings of metastatic and residual lesions on I-131 diagnostic scintigraphy and post-therapeutic
I-131 scintigraphy.

RadFan2017年10月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る