CEエビデンスシステム導入に よる読影情報と業務連携の充実

category:要旨
2017.08.30

CEエビデンスシステム導入による読影情報と業務連携の充実
地方独立行政法人広島市立病院機構
広島市立広島市民病院 放射線技術部 山本美穂、竹本弘一、沖田 泉


 造影検査における造影剤注入情報は、造影検査の安全管理においても読影業務においても重要な情報である。
そのため診療放射線技師は造影検査を実施する上で、造影剤注入情報を正確かつ詳細に記録できるよう考慮す
る必要がある。本稿では、CEエビデンスシステムを用いた造影検査情報の管理・実施情報連携の有用性について
報告する。

The record for the contrast dose information is very important for both interpretation from the medical images and the management of safety exam for the patients in contrast CT exam. In case of performing with for Contrast CT exam, the radiology technologists must record the contrast information details accurately. We report the benefits of contrast dose information managements and collaboration with the radiology information system and picture archiving system of the inspection using CE Evidence system.

RadFan2017年9月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る