ウェアラブルセンサを用いた 排泄予知システムの開発

category:要旨
2017.07.31

ウェアラブルセンサを用いた排泄予知システムの開発
トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社 中西敦士
東京工業大学 加藤真悟


 トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社は排泄予知が可能なウェアラブルデバイス「DFree」を企画・開発・販売している。超音波センシングの技術により膀胱の経時変化データを取得し、AIが装着者の排泄サイクルを機械学習することで適切なタイミングに通知を行う。介護や子育てに於ける排泄ケア改善等に応用が期待されている。

Triple W develops DFree which is an excretion-predictable device. DFree’s ultrasound sensing
technology monitors the overtime changes in vessels to feed AI to learn user’s excretion interval, which enhances effectual notification at the estimated toilet timing.
 DFree can make a notification of recommended timing for excretion on another device such as PC or smartphone. We have constructed an integrated management system for care-required persons in a nursing facility and confirmed that the quality of health care service could be improved dramatically through a practical trial.

RadFan2017年8月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る