3D自動乳房超音波検査システム(3-dimensional automated breast ultrasound system(3D ABUS))の有用性と今後の展望 | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

3D自動乳房超音波検査システム(3-dimensional automated breast ultrasound system(3D ABUS))の有用性と今後の展望

category:要旨
2017.06.29

最新乳腺超音波技術の臨床応用の展望
昭和大学江東豊洲病院乳腺外科 吉田美和、昭和大学藤が丘病院乳腺外科 榎戸克年 
大手町さくらクリニック in 豊洲 西山寿子

 3D自動乳房超音波検査システム(3-dimensional automated breast ultrasound system(3D ABUS))
は、乳房のフルボリュームスキャンにより検者の技量に左右されることなく、再現性・客観性の高い超音波
画像診断を実現し、横断面に冠状断面を併用した読影方法は効率的かつ乳腺病変の局在診断に非常に
有用である。

 3-dimensional automated breast ultrasound system(3D ABUS)enables ultrasonic diagnosis
with high reproducibility and objectivity, independent of investigators.
 
RadFan2017年7月臨時増刊号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る