小児CTにおける低管電圧撮影

category:要旨
2017.05.31

小児CTにおける低管電圧撮影
熊本大学医学部附属病院画像診断・治療科 永山泰教

 小児は放射線感受性が高く、CTに際して成人以上に撮影条件の最適化が重要である。低管電圧撮影は小児に
非常に適した被ばく低減技術であり、日常臨床で積極的に活用することが推奨される。本稿では実際の画像を供
覧しつつ、小児における低管電圧撮影の有用性や留意点について概説する。

 For radiosensitive pediatric and young population, it is necessary to optimize the acquisition parameters
of CT scan to achieve the diagnostically acceptable image quality at the lowest radiation dose. Low tube
voltage scan is well suitable and recommended technique for pediatrics. This article describes the utility
of low tube voltage scans and its effect on the image quality and radiation dose for pediatrics.

RadFan2017年6月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る