低管電圧CT撮影の基本

category:要旨
2017.05.31

低管電圧CT撮影の基本
山梨大学医学部附属病院放射線部 相川良人

 低管電圧CT撮影は以前からある撮影法だが、撮影線量に起因するノイズが問題となり広く使われていなかった。
近年、画像のノイズを低減する逐次近似応用再構成法により、この問題が解決し低管電圧CT撮影が行われるよう
になった。低管電圧CT撮影は、造影効果の増強、線量によるノイズの変化、体内金属やビームハードニングによる
アーチファクトの増加など、CT画像の特性が強調される撮影法である。実際の臨床では、造影剤を通常使用量使
えない場合に有用性が高い撮影法である。

 Low tube voltage X-ray CT was not popular method in the past. The reason was increased in image
noise due to insufficient irradiation dose.
 Recently, it was used as iterative reconstruction was developed for image noise reduction. This method
with low tube voltage X-ray CT was emphasized of the characteristics of CT image increased of
enhancement of contrast medium, image noise, beam hardening and image artifacts. Low tube voltage
X-ray CT method was useful when contrast medium cannot be used normally.

RadFan2017年6月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る