肝門部領域胆管癌における造影3次元超音波検査の有用性

category:要旨
2017.04.26

肝門部領域胆管癌における造影3次元超音波検査の有用性
横浜市立大学附属市民総合医療センター消化器病センター内科
合田賢弘、三輪治生、三箇克幸、入江邦泰、三浦雄輝、杉森一哉、沼田和司、田中克明、前田 愼

 造影3次元超音波検査は多彩な再構築法により血管像の描出や腫瘤全体の造影効果の評価が可能な検査法である。肝門部領域胆管癌の診断においても、病変の進展範囲や脈管浸潤の有無を評価し、手術適応の判断や胆管ドレナージ法の計画に寄与していると考える。

 Contrast-enhanced three-dimensional ultrasonography (CE 3D US) is the examination that enables visualization of a blood vessel image.Also,it can evaluate the contrast effect of the entire mass by various reconstruction methods. In the diagnosis of hilar cholangiocarcinoma, it is considered that the CE 3D US evaluates the extent of tumor and the presence or absence of vascular invasion and contributes to the judgement of surgical indication and the plan of the drainage for biliary duct.

RadFan2017年5月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る