経皮的止血術におけるステントグラフトの概要と期待 ─バイアバーンステントグラフトが導入されて

category:要旨
2017.04.25

経皮的止血術におけるステントグラフトの概要と期待
─バイアバーンステントグラフトが導入されて
市立奈良病院放射線科 穴井 洋

 主幹部血管損傷では末梢臓器虚血障害をきたさぬよう親血管血流を維持した止血が求められるため血管塞栓術が適応とならないことがあり、これまで主幹部血管損傷に対して保険適応外のステントグラフトを用いて親血管血流を温存し止血を行うこともあったが、今回ゴア バイアバーンステントグラフトが2016年12月に血管損傷に対して認可・保険収載された。今後この領域におけるゴア バイアバーンステントグラフトの有用性が期待される。

 Transarterial embolization is very useful and less invasive for cases with the emergent hemorrhage. However, the injury of the main trunk such as subclavian artery, celiac artery, superior mesenteric artery, renal artery and iliac artery cannot be applied because the cessation of the main trunk flow causes the ischemic change of the peripheral organs. So far, there was no choice we use the stentgraft of biliary obstruction or coronary disease for the vessel injury of the main trunk to maintain its flow. Viabahn Stentgraft has been just approved and promising for such emergent cases in Japan.

RadFan2017年5月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る