肝細胞癌に対するTACE―2017年の方向性―

category:要旨
2017.03.30

肝細胞癌に対するTACE―2017年の方向性―
福井県済生会病院放射線科 宮山士朗

 近年リピオドールとゼラチンスポンジを用いる肝動脈化学塞栓療法(conventional transcatheter arterialchemoembolization:cTACE)の治療効果と安全性が正しく理解され、cTACEが手術不能な肝細胞癌に対する標準治療となりつつある。TACE支援ソフトと優れた細径マイクロカテーテルの登場により、2017年には小肝癌に対する経動脈的アブレーション(transcatheter arterial ablation:TAA)がトレンドとなる可能性がある。

 Since the therapeutic efficacy and safety of conventional transcatheter arterial chemoembolization(cTACE) with Lipiodol and gelatin sponge particles have been correctly recognized, cTACE is considered as a standard treatment option for unresectable hepatocellular carcinoma (HCC). With advances in TACEguidance software and thin microcatheter-guidewire systems, transcatheter arterial ablation (TAA) for small HCC may become a new trend in 2017.

RadFan2017年4月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る