成長期スポーツ選手にみられる肘関節障害

category:要旨
2017.01.31

成長期スポーツ選手にみられる肘関節障害
東北労災病院スポーツ整形外科 黒川大介

肘に関するスポーツ障害症例の多くは投球および投擲スポーツ選手に多く、また成長期に発症するものが多い。本項では成長
期のスポーツ選手にも深刻な関節症性変化が生じることがある上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎、投球障害として頻度が最も多い
内側支持機構の損傷、内側部痛を訴えて受診することもある後方の肘頭に生じる障害の3つについて解説する。
Most of elbow injury and disorder caused by sports activity relate the throwing athlete and occur in
young athlete. This article will explain the osteochondrosis dissecans of capitellum which sometimes
causes severe osteoarthrosis even in young athlete, the disorder of the elbow medial supporting
mechanism which is most frequently in throwing disorder and the fatigue fracture of olecranon which
athlete sometimes complain of a medial elbow pain.

RadFan2017年2月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る