肩関節の3疾患(反復性肩関節脱臼、腱板 損傷、SLAP損傷)の画像診断(CT、MRI)

category:要旨
2017.01.31

肩関節の3疾患(反復性肩関節脱臼、腱板損傷、SLAP損傷)の画像診断(CT、MRI)
明理会中央総合病院放射線科 天野大介
八重洲クリニック 佐志隆士

近年のmultislice-CTや、MRIの画質向上はめざましく、肩関節領域においても、以前は同定が難しかった小病変の診断が可
能となっている。今回は、肩関節の画像診断の基本と、反復性肩関節脱臼、腱板損傷、SLAP損傷の3疾患のCT、MRIなどの画像
所見について概説する。
Recently, the improvement of multislice-CT and MR imaging is remarkable. In the shoulder region, the
small lesions can be diagnosed by CT and MR imaging. In this pa per, we explain the basis of imaging
modality of the shoulder joint, and comment on CT and MRI findin gs of recurrent dislocation of the
shoulder, rotator cuff injury and SLAP lesion.

RadFan2017年2月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る