スポーツ障害における肩関節の画像診断

category:要旨
2017.01.31

スポーツ障害における肩関節の画像診断
順天堂大学医学部附属浦安病院整形外科 糸魚川善昭
スポーツによる肩関節の障害で頻度の高い肩関節脱臼、腱板損傷、上方関節唇(SLAP)損傷の画像診断について概説する。肩
関節脱臼は関節唇の評価にMR Arthrography(MRA)、骨の評価には三次元CT画像が有用である。腱板損傷の超音波、MRI検
査は付着部を中心に描出させるのが重要である。SLAP損傷はMRAが有用であるが正常変異との鑑別が重要である。
The shoulder dislocation, rotator cuff tear, and Superior Labrum Anterior and Posterior (SLAP) lesion
are common diseases in the sports injury. MR Arthrography and three dimension CT are effective to
evaluate the labrum and glenoid articular surface for shoulder dislocation, respectively. It is important
that anatomic attachment of rotator cuff should be focused on ultrasound and MRI to evaluate rotator cuff
tear. The normal variant should considered for correct diagnosis of SLAP lesion on MR Arthrography.

RadFan2017年2月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る