時間外救急医療における時差を用いたハワイでの遠隔救急画像コンサルテーションの実際

category:要旨
2017.01.05

時間外救急医療における時差を用いたハワイでの遠隔救急画像コンサルテーションの実際
社会医療法人厚生会木沢記念病院 救急部門 山田実貴人


 時間外の断らない救急を遂行する為に画像検査は重要な役割を担うが、専門外の読影は当直医の負担となっている。今回我々はハワイとの時差を用いた遠隔救急画像コンサルテーションを構築し、救急当直医の負担を軽減するだけでなく、より迅速正確な画像診断で医療安全や、患者予後にも貢献できた。
 Medical image is very important for 24 hours 7 days medical emergency. But reading of
unprofessional image is strong stress for on duty doctor.
 So we were building a telemedicine from Hawaii using time difference, it was useful for diagnosis on duty. It is not only decrease of their stress, but also contribute for medical safety and patient prognosis.

RadFan2017年1月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る