救急領域での遠隔コンサルテーションシステム | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

救急領域での遠隔コンサルテーションシステム

category:要旨
2017.01.05

救急領域での遠隔コンサルテーションシステム
聖マリアンナ医科大学救急医学集中治療部 藤谷茂樹


 救急領域では、リアルタイムの臨床診断と判断が求められる。現在地域での医師偏在が問題となっており、遠隔医療の必要性が唱えられている。遠隔医療は、ITの発展とともに更に日常診療に浸透してくることが予想される。著者が地域医療で、特に救急領域でどのような遠隔コンサルテーションシステムが必要か、今までの経験をもとに説明する。
 Emergent circumstance in emergency medicine requires real-time diagnosis and judgment. The uneven distribution of doctors in a region is current critical problem in Japan. Thus, emergency medicine advocated the need for telemedicine. As IT in medicine evolves further in daily care. We will discuss the need of telemedicine in the area of emergecy medicine based on experience of regional medical care.

RadFan2017年1月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る