粒子線の現状とこれから 〜今後の道筋〜 | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

粒子線の現状とこれから 〜今後の道筋〜

category:要旨
2016.11.21

粒子線の現状とこれから〜今後の道筋〜
日本放射線腫瘍学会粒子線治療委員会
陽子線治療・重粒子線治療合同ワーキンググループ 白土博樹

 Proton beam therapy for pediatric cancer and carbon beam therapy for bone and soft tissue sarcoma have
been reimbursed in Japan since April 2016. At the same time, other cancers such as head and neck cancer,
esophagus, liver, lung, pancreatic, and prostate cancers have been treated with the newly determined advanced
medical care system, SENSIN-IRYO A or B. All the patients treated by particle beam therapy are required to
be treated by the same treatment protocol and informed consent for each disease after the discussion in the
cancer board and registered into Database which is determined by JASTRO. The status of registration and
treatment outcomes of all patients will be reported as central monitor reports regularly or as a full paper.

 2016年4月から日本では、陽子線治療は小児腫瘍に対して、重粒子線(炭素線)治療は骨軟部腫瘍に対して、保険収載されている。頭頚部、食道、肺、肝、膵、前立腺など他のがんでは、新たに設定された先進医療A・Bにて治療される。陽子線治療・重粒子線治療を受けたすべての患者は、キャンサーボードでの議論を経て各疾患のプロトコールを利用して治療され、日本放射線腫瘍学会の指定するデータベースに登録されなくてはならない。先進医療Aでは、登録状況と治療成績は定期的に報告される。

RadFan2016年11月臨時増刊号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る