前立腺癌術後再発に対するIMRT | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

前立腺癌術後再発に対するIMRT

category:要旨
2016.11.21

前立腺癌術後再発に対するIMRT
東京ベイ先端医療・幕張クリニック腫瘍放射線科 幡野和男

 Although several RCT has been shown that postoperative radiotherapy after radical
prostatectomy improved the rate of PSA failure, it is controversial which is better adjuvant radiation therapy
or salvage radiation therapy. Recently, the efficacy of salvage radiation therapy with short-term hormone
therapy for PSA failure has been shown, it is necessary for us to consider the efficacy of dose intensification to
prostate bed and/or recurrence sites using IMRT.

 前立腺癌全摘術後の術後放射線治療がPSA 再発を減少させることはRCTで示されている。しかし、補助放射線治療か救済放射線治療のどちらが良いのかはわかっていない。ホルモン療法併用の有用性も示されるようになり、今後、前立腺床あるいは再発領域への線量増加も含めてIMRTの有用性の検討が必要である。

RadFan2016年11月臨時増刊号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る