腎細胞癌の定位放射線治療

category:要旨
2016.11.21

腎細胞癌の定位放射線治療
山梨大学医学部附属病院放射線科教授 大西 洋

 Renal cell carcinoma (RCC) is one of the common malignancies in the world. Surgery is the standard of
care for primary RCC, however, many patients in this population have so severe medical comorbidities that
they can’t be operated and nephrectomy may result in chronic kidney disease. Stereotactic body radiotherapy
(SBRT) is an emerging non-invasive treatment option for patients with inoperable primary RCC. SBRT is recently
reported to have a low toxicity and excellent local control. Techniques and some results of SBRT for RCC
will be presented and discussed here.

 腎細胞癌は比較的頻度の高い癌の一つである。一般的な標準治療は手術的切除であるが、高齢者や合併症を持って発症して手術が困難な症例も多く、また腎摘出は慢性的な腎機能障害を来しうる。体幹部定位放射線治療は高い局所制御が低侵襲で得られる治療法として汎用されており、腎癌に対しても高い局所制御が安全に得られることが多く報告されている。本稿では、腎細胞癌に対する定位放射線治療の方法と成績を示して議論したい。

RadFan2016年11月臨時増刊号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る