PET/MRIの有用性と技術的展望 | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

PET/MRIの有用性と技術的展望

category:要旨
2016.09.28

PET/MRIの有用性と技術的展望
*1福島県立医科大学医学部放射線医学講座、 *2同 ふくしま国際医療科学センター先端臨床研究センター
伊藤 浩*1、 石井士朗*1、 南部武幸*2、 久保 均*2、 宮嶋正之*1
関野啓史*1、 黒岩大地*1、 末永博紀*1、 菅原茂耕*1、 長谷川 靖*1
橋本直人*1、 織内 昇*2

 PET/MRIは、MRIの高い組織コントラスト、PETとMRIの同時収集、MRIによる機能画像などの利用が可能であ
り、診断能の向上や新たな病態評価指標をもたらし得る画像診断ツールである。また、PET画像のリアルタイム体
動補正などの測定技術の応用により、PET計測の高精度化が可能である。
 PET/MRI can introduce to improve a diagnosing ability and new imaging biomarker of
pathophysiology.

RadFan2016年10月号目次へ戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る