functional MRIのメカニズムと 最近の臨床応用の方向性について

category:要旨
2016.08.30

functional MRIのメカニズムと最近の臨床応用の方向性について
徳島大学大学院医歯薬学研究部放射線医学分野 原田雅史

 fMRIは1991年に発表されてから急速に臨床と脳科学の両面から応用され、広く利用されるようになっている。
最近では、リアルタイムfMRIがニューロフィードバックの診療に利用され、デコーディングにより刺激の処理プロセ
スを評価することができるようになっている。また、安静時fMRIについても臨床症例を含めて検討されているが、
統一的な解析手法の標準化等の課題が挙げられる。
 Rapid progress of fMRI has been found in both fields of clinical diagnosis and neuroscience, and this
technique is now applied in many fields. Recently real time fMRI neurofeedback is now starting trial for
clinical therapy, and the decoding technique of fMRI data can be used for the understanding of
neuronal process by the activation. Moreover, resting fMRI is widely studied including clinical cases.
However, through the examination of fMRI, the unified and standardized procedures for analysis of data
should be necessary to expand the usage of fMRI on the both clinical and scientific aspects.

RadFan2016年9月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る