可変型RFA電極針の使用経験

category:要旨
2016.07.28

可変型RFA電極針の使用経験
都島放射線科クリニック IVRセンター 保本 卓

 近年ラジオ波焼灼術は肝臓以外にも肺を含めた様々な病変に対する局所治療として適応が拡大され、数多くの
有効性が報告されている。電極針とジェネレータも多様化が加速しており、用途に応じて使い分ける必要がある。
本稿では焼灼域が可変できる新たなRFA電極針の安全性と有効性について概説する。
 Radiofrequency ablation (RFA) is rapidly growing popular as a treatment not only of primary and
metastatic liver tumor but also of other tumors including lung cancer with much reports in a lot of
literatures. Many kinds of electrodes and generators are diversified into various kinds and vary widely
depending on the intended use among institutes. In this article、 I introduce a new RF generator system
using 17-G internally cooled length-adjustable electrodes.

RadFan2016年8月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る