嚢胞病変に対するポリドカノール フォームを用いた硬化療法

category:要旨
2016.07.28

嚢胞病変に対するポリドカノール
フォームを用いた硬化療法
東海大学医学部画像診断学 小泉 淳

 下肢静脈瘤治療において確立しているfoam sclerotherapyで汎用されるポリドカノールは、今や胃静脈瘤に
対するB-RTOをはじめとしてvascular malformationやリンパ管腫、巨大肝嚢胞などへCO2-DSAとともに応用
範囲が拡大し、大幅な硬化剤減量による副作用軽減に貢献しつつある。
 Foam sclerotherapy had been already established as a standard method to treat lower extremity
varicose veins. We have introduced the polidocanol foam to cystic lesions including huge hepatic cysts,
lymphangioma or vascular malformations in addition to gastric varices by B-RTO.

RadFan2016年8月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る