How どのように大腸CTを正しく実施する? エビデンスに基づいた標準化 | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

How どのように大腸CTを正しく実施する? エビデンスに基づいた標準化

category:要旨
2016.06.29

How どのように大腸CTを正しく実施する?
エビデンスに基づいた標準化

*1国立がん研究センター 社会と健康研究センター検診開発研究部
*2同 社会と健康研究センター検診研究部
*3同 検診センター/内視鏡科
永田浩一*1*2、 高林 健*1、 安田貴明*1
金澤英紀*1、 松田尚久*1*3、 斎藤 博*2

 大腸CT検査は受診者の負担が少なく、大腸の精密検査として十分な精度があることが大規模臨床試験で証明
されている。精度の高い大腸CT検査を行うためには、エビデンスに基づいた標準的な方法で行うべきである。受
診者に対しては、検査の概略・検査の精度・偶発症などについて事前に説明を行う。医療スタッフは標準的な腸管前
処置・撮影法を身に付け、偶発症に対応できる知識を習得する必要がある。読影医は2次元画像と3次元画像(内
視鏡類似像)の両方を用いた標準的な読影方法を適切なトレーニングのもと身に付けなければならない。

 CT colonography is a minimally invasive examination and evidence-based data revealed that it has
high accuracy for detecting colorectal neoplasia. The standard CT colonography should be performed
by evidence-based protocols. Patients should be informed appropriate written information before
choosing the examination. Physicians and para-medical staff, who perform CT colonography, must be
appropriately trained and adhere to evidenced-based protocols about bowel preparation, low radiation
CT colonography procedures, and complications. CT colonography interpretation must be undertaken
by appropriate trained physicians. Readers should have enough interpretation techniques using both
2D multiplanar reformat images and 3D endoluminal images (fly-through).

RadFan2016年7月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る