造影マンモグラフィの現状と展望

category:要旨
2016.06.10

造影マンモグラフィの現状と展望

昭和大学病院乳腺外科 池田 紫

 乳癌の分子生物学的、遺伝学的な理解が進みつつあり、リスクに沿った検診プ
ログラムや精査の確立の必要性に伴い、新しい診断機器の有用性の評価が必要
である。造影マンモグラフィは、高濃度乳腺などの通常のマンモグラフィで診断困
難な症例でMRIの代替となり得ると考えられている。本稿では、造影マンモグラフ
ィの有用性と展望について述べる。

 The understanding of the molecular biology of breast cancer, as well as that of
its various risk factors and clinical characteristics, has moved forward substantially.
It is now the time for risk-based screening programs to be formulated.
In addition to the existing MMG, US and MRI, it is necessary to evaluate the
effectiveness of new diagnostic devices. Contrast Enhanced Mammography
can be considered as a substitute for MRI in detecting breast cancers that
MMG is unable to enhance, or where a definitive diagnosis is problematic.

RadFan2016年6月臨時増刊号目次へ戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る