大動脈疾患における台形クロス注入法を用いた造影法 力石耕介(聖マリアンナ医科大学病院)ほか

category:要旨
2016.06.01

大動脈疾患における台形クロス注入法を用いた造影法

*1聖マリアンナ医科大学病院、*2聖マリアンナ医科大学先端生体画像情報研究講座
力石耕介*1、 小川泰良*1、 吉川達生*1、 小林泰之*2

 大動脈疾患において造影CT検査は、診断に欠かせない検査である。しかし、患者の身体的因子、病態、造影方
法、装置性能等により造影不良や上大静脈の超高濃度造影剤によるアーチファクトが生じ、診断を難しくする。これ
ら様々な因子の影響を低減させる工夫の一つとして台形クロス注入法を用いた造影方法について、症例を踏まえ
て紹介する。
 Contrast enhanced CT is essential examination for diagnosis of aortic diseases. Several factors that
deteriorate the image quality of aorta are as follows, patient’s body size or cardiac output, artifacts
from the contrast media remaining in superior vena cava, method of contrast administration, device
performance, etc. We will explain details of the trapezoidal cross-injection method with showing some
example cases.

RadFan2016年6月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る