遠隔画像診断支援サービスで想う 診療放射線技師像

category:要旨
2016.02.29

遠隔画像診断支援サービスで想う診療放射線技師像

大森 修
セコム医療システム株式会社ソリューション部ホスピネットセンター遠隔画像診断支援サービス読影品質担当

 現在、診療放射線技師として遠隔画像診断の日常運用業務に関わっている。検査装置も日々急速に進歩し、最新の検
査手技の理解および読影の専門性がより求められている。
 放射線科医と医療機関の間に立ち、いかに最適な画像情報をいただき、最善の読影結果を返せるか、そのパイプ役と
なることが必要だと考えている。
 I involve in daily use service of remote diagnosis support as a radiological technologist.
 These days, as modality advance rapidly on a daily basis, we need to enhance the understanding
of inspection measures and expertise of radiological image reading.
 I think our most important job is to make connection between radiologists and medical
organization by offering best diagnosis results from appropriate image information.

RadFan2016年3月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る