MRI導入で進化する 総合診療

category:要旨
2016.02.29

MRI導入で進化する総合診療

野口千明
医療法人社団城東桐和会新小岩駅前総合クリニック

新小岩駅前総合クリニックは、プライマリケアのクリニックとして2007年に開院し、2014年、クリニックを拡張
して、MRIを導入する機会を得た。その導入の結果、患者数・平均点ともに8~10%程度増加した。Vantage Elan
を選択した決め手となったのは、検査スピード・画像の解像度・サイズのコンパクト性であった。今後激化するであろ
う医療機関の競争の中で、MRI導入は有用な設備投資であったと考える。
 Shinkoiwa ekimae general clinic was opened in 2007 as a primary care clinic in East Tokyo. The
clinic director had a chance of expansion in 2014 for the vacant tenant of the upstairs. He determined
MRI induction to respond needs of patients. He chose Toshiba Vantage Elan. 3 main point of choice
was examination speed, high resolution, and compact size. After induction , both Number of patients
and each cost increased 8-10%. MRI was effective capital investment as modality of contemporary
clinic.


RadFan2016年3月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る