救急診療における救急撮影認定技師の役割 | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

救急診療における救急撮影認定技師の役割

category:要旨
2015.12.25

救急診療における救急撮影認定技師の役割

坂下惠治
地方独立行政法人りんくう総合医療センター 日本救急撮影技師認定機構代表理事

 近年、救急診療における画像診断の有用性は増加している。救急診療に従事する救急撮影認定技師は、救急診
療の安全管理はもとより、患者の容態に応じた撮影及び画像の再構築を求められる。本稿では、救急撮影認定技師
に求める能力と最近の救急放射線技術のトピックスを紹介する。
 Recently the benefit of Radiology in Emergency Medicine is increases. The Emergency Radiological
Technologists who attend to Emergency medical treatment are demanded ability to the safety
management and imaging, reconstruction from the images be accepted the condition of the patient.
This report introduces ability to demand from The Emergency Radiological Technologists and the topics
of the recent radiological technology at the emergency medicine.

RadFan2016年月1号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る