遠隔画像診断に求められるPACS

category:要旨
2015.06.30

遠隔画像診断に求められるPACS

*1京都プロメド株式会社
*2セントメディカル・アソシエイツLLC
*3イーサイトヘルスケア株式会
*4株式会社エムネス
河上 聡*1、 加納裕士*2、 松尾義朋*3、 北村直幸*4

 遠隔画像診断に用いられる代表的PACSとして、①独自システム構築、②拠点間通信による画像転送、③ネット環境に
構築したPACSの共同利用、④画像保存用システムを診断にも転用、という種々の方式が挙げられる。本稿ではこれらに
関してそれぞれの立場から簡単に紹介、解説した。
 In this article, we briefly review the several PACS solutions which are available for teleradiology. In addition to using a standard PACS as a private system for one institution, we can make use of service provider solutions designed for teleradiology. They may be useful when starting a teleradiology business on a small scale. As representable service provider solutions, peer to peer (P2P) image transfer system and cloud PACS system are introduced. Finally, we discuss the possibility of a large cloud system primarily designed for the image storage service.

RadFan2015年7月号目次へ戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る