大腸CT(CTC)における 標準的な読影法について

category:要旨
2015.06.29

大腸CT(CTC)における標準的な読影法について

特定医療法人社団松愛会松田病院放射線部
岩月建磨

 大腸CTの読影方法には、3Dプライマリー法と2Dプライマリー法がある。これらの読影法は、ACRIN66641)、
IMPACT2)、JANCT3)などの大規模臨床試験で実証されている。3Dプライマリー法は3次元の仮想内視鏡画像
(Virtual Endoscopy:VE像)をメインに2次元のmultiplanar reformatting(MPR)像を使用し読影する方法
で、2Dプライマリー法は2次元画像のMPR像をメインに3次元のVE像を使用し読影する方法である。
 今回、比較的習得が容易な3Dプライマリー法について述べる。

 Video diagnosis of CT Colonography includes the 3D primary method and the 2D primary method.
These video diagnosis is demonstrated in large-scale clinical trials such as ACRIN6664, IMPACT,
JANCT. Virtual endoscope image (VE image) three-dimensional as for the 3D primary method by a
method to perform video diagnosis of with two-dimensional multiplanar reformatting (MPR) image in
Maine, two dimensions of 2D primary methods are the methods that video diagnosis does the MPR
image of the image with three-dimensional VE image in maine.
 I speak the 3D primary method that the acquisition is relatively easy this time.

RadFan2015年7月号目次へ戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る