医療情報システムに今後起こるであろう変化 ~画像診断に関連する部分を中心に~

category:要旨
2015.04.02

医療情報システムに今後起こるであろう変化
~画像診断に関連する部分を中心に~
 
京都大学医学部附属病院放射線診断科
八上全弘

 
 医療情報システムは、集約化されたデータ保管機能をネットワーク経由で利用することでデータ量の増加に対応しつつ、人間と情報システムの間で医療の内容を相互に共有し認識して処理できる共通プラットホームを構築し、そこでデータを大量に蓄積し、それを用いた高度で知的な情報処理を提供することで、医療に貢献するようになるだろう。
2015年4月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る