Interventional Radiologyの最近と今後

category:要旨
2015.03.31

Interventional Radiologyの最近と今後

日本医科大学放射線医学
小野澤志郎

Interventional Radiologyの領域では新しいdeviceに対する見識は非常に重要な要素の一つである。Deviceの発達により新しい治療や解決方法が提供されるためである。本稿では、最近本邦で使用可能になったdeviceと今後の導入が期待されるdeviceを取り上げ、紹介した。また、5編の近年発表された論文を紹介した。

2015年4月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る