ワークステーションの変遷と未来

category:要旨
2015.03.31

ワークステーションの変遷と未来

国立病院機構仙台医療センター放射線科
立石敏樹

近年、画像診断装置の高性能化により、大量に発生するボリュームデータを活用するために、これまでのワークステーションの機能や位置づけが変化しつつある。1994年に画像ワークステーションが登場して以来、スタンドアローン型からネットワーク型へと変化を遂げた。そして、ただ単にCTの3D画像を作成するだけでなく、MRIにも対応する様々な解析ソフトの開発へと至った。本稿では、これまでのワークステーションの変遷、開発状況からみた未来を予測する。

2015年4月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る