北海道大学の陽子線治療装置の概要 | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

北海道大学の陽子線治療装置の概要

category:要旨
2014.12.16

北海道大学の陽子線治療装置の概要
北海道大学大学院医学研究科放射線医学分野
橋本孝之ほか

北海道大学は日立製作所と共同で、動きのある体内深部臓器の大型腫瘍を正確に治療できる陽子線治療装置を開発
した。本装置は、北海道大学で開発された動体追跡技術と、日立製作所が世界で初めて医療施設で臨床に適用したス
ポットスキャニング照射法を融合したものであり、当初の予定通り、2014年3月に治療を開始した。

Hokkaido University and Hitachi Ltd. have jointly developed the Gated Spot Scanning Proton Beam Therapy
System by integrating discrete spot scanning and real-time tumor-tracking techniques. The system has the
ability to control the dose distribution with spot scanning beams and to gate the beams from the synchrotron
to irradiate the moving tumor only when the actual positions of fiducial markers are within the planned position.
The system has been successfully installed and tested in Hokkaido University Hospital and the patient treatment
has been started in March 2014.

2014年12月臨時増刊目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る