陽子線治療現状と今後の展望

category:要旨
2014.12.16

陽子線治療現状と今後の展望
独立行政法人国立がん研究センター東病院臨床開発センター粒子線医学開発分野ユニット長
西尾禎治

 陽子線治療は腫瘍への線量集中性が高い高精度放射線治療の一つとして注目度が非常に高く、国内外で陽子線治
療施設の建設ラッシュとなっている。その一方で装置費用の問題や治療技術が未だ研究開発途上の段階である。これら
の問題を解決することで、今後、高品質の陽子線治療が数多くの病院へ普及していくと思われる。

Proton therapy is one of the radiation therapies with high precision in which the irradiation can be concentrated
on a tumor and attracts interest of many people. A lot of proton therapy facilities are under construction around
the world and it can be said that there has been a rush to build proton therapy facilities. On the other hand,
there are unsolved problems such as high cost of proton therapy equipment and techniques for proton
treatment being still in development. Proton therapy with high precision could spread through many hospitals
and institutes in the future by solving these problems.

2014年12月臨時増刊目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る