第2世代320列ADCT(Aquilion ONE ViSION Edition)によるCCTAプロトコルの最適化 ─フル再構成、APMC再構成による管電流低減撮影の可能性─ | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

第2世代320列ADCT(Aquilion ONE ViSION Edition)によるCCTAプロトコルの最適化 ─フル再構成、APMC再構成による管電流低減撮影の可能性─

category:要旨
2014.09.30

第2世代320列ADCT(Aquilion ONE ViSION Edition)によるCCTAプロトコルの最適化
─フル再構成、APMC再構成による管電流低減撮影の可能性─
佐野始也

 
 冠動脈CTAは急速に普及し装置性能も進化しているが、低被曝と高画質を両立させるには心臓動態を理解し、
装置の性能や特徴を最大限利用することが重要である。逐次近似応用再構成は、NPSの変化など未解決な部分も
あるが画像ノイズの低減に有用である。また徐脈例では320列ADCTによるフル再構成やAPMC再構成も被曝低
減に有用で、これらを組み合わせることにより画質を低下させることなく、大幅な被曝低減が可能である。
 
 CT machine efficiency is improving day by day, however, it is important for establishing both low
radiation dose and high quality image to understand phasic cardiac motion and to effectively use a
performance characteristic of the CT machine. Although adaptive iterative dose reduction (AIDR3D)
might have some problems about noise power spectrum (NPS), it is useful to reduce image noise. Full or
APMC reconstruction with low tube current is useful for radiation reduction in low heart rate. The full
or APMC reconstruction combined with AIDR3D is an excellent method to keep image quality and to
reduce patient’s dose.
 
2014年10月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る