破裂脳動脈瘤診断の3D-CTAにおけるCT-AECについて ─血管描出能を考慮したCT-AECの設定値について─

category:要旨
2014.09.30

破裂脳動脈瘤診断の3D-CTAにおけるCT-AECについて
─血管描出能を考慮したCT-AECの設定値について─
福谷悌和

 
 破裂脳動脈瘤の診断で行う3D-CTA において,脳神経外科専門医達と共に血管の描出能を考慮しCT-AECの
設定値であるNIを検討した。その結果、CT-AECの設定値はNI9.9であった。
 
 In 3D-CTA to perform the diagnosis of the ruptured brain aneurysm, we investigated a set value of
CT-AEC in consideration of the vessel visibility. As a result, the set value of CT-AEC was NI 9.9
 
2014年10月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る