胸部領域における Dual Energy Imagingの臨床応用

category:要旨
2014.09.30

胸部領域におけるDual Energy Imagingの臨床応用
城處洋輔

 
 肺血栓塞栓症におけるDual Energy Imagingについて、物理特性を交えて当院の運用を紹介する。Lung
Vesselsは微小血栓の把握、Lung PBVは塞栓部位のフォローアップに有用であるが、撮影条件や造影効果、画
像処理により結果が変動するので、特性を把握した上で画像診断の補助として利用するべきである。
 
 I will introduce the Dual Energy Imaging of pulmonary thromboembolism based on the physical
properties. Lung Vessels and Lung PBV are useful for the detection of microthrombi and follow-up of
the embolization area. There is a possibility that the results are different by the imaging parameters,
image processing and contrast effect. Understand the characteristics, Dual Energy Imaging should be
used as an aid in diagnostic imaging.
 
2014年10月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る