CT Injector Dual Shot GX7 の有用性:当院における使用経験

category:要旨
2014.09.03

CT Injector Dual Shot GX7 の有用性:当院における使用経験
広島大学病院診療支援部
木寺信夫

 造影CT検査において、造影剤アレルギー、腎機能データ、体格のデータは、造影の可否、造影剤注入方法を決
定する重要な情報である。また、投与量、注入速度などの実施情報も、検査が適正に実施できたかを判断するため
の必要な情報である。今回、CT造影剤情報管理システムを構築し、検査情報管理とリスクマネージメントの補助ツ
ールとしての運用を行った。このシステムの利用性、また問題点等を示し、当院での使用経験を報告する。
 
 Renal function and the absence of allergies to contrast material and other drugs must be confirmed
before subjecting patients to contrast-enhanced CT studies; their habitus plays an important role in
choosing the contrast injection protocol. A record of the contrast injection parameters such as the
injection volume and rate is useful for a retrospective analysis of the adequacy of contrast
enhancement, as is a record of the time injection-pressure curves during contrast injection in the event
of contrast extravasation. We developed a general management system that integrates a dynamic
injector and the Radiology Information System (RIS) to address these issues. Here we present the
configuration and availability of our system and discuss issues related to the system. In addition, we
report the usage experience of our system in my hospital.
 
2014年9月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る