腎凍結療法の実際

category:要旨
2014.07.29

腎凍結療法の実際

岡山大学放射線科
藤原寛康ほか

 腎癌に対する凍結療法が行われるようになり、腎癌に対する低侵襲治療の選択肢が拡大してきている。ラジオ波
と比較して、疼痛が少ない点や複数本のプローブを同時に治療できる点は魅力である。ラジオ波と凍結療法とで
は、若干の違いがあり、実際に凍結治療を行っていく上での様々な留意点に関して述べる。

 Cryoablation for renal cell carcinoma (RCC) is rapidly spreading after being covered by insurance.
Painless and ability to use multiple probes simultaneously during ablation are attractive advantages
over radiofrequency ablation (RFA), There are some differences between RFA and cryoablation. In this
article, we describe various important points to be kept in mind on freezing RCC.

2014年8月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る