乳房トモシンセシスを用いた乳がんの診療と検診について | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

乳房トモシンセシスを用いた乳がんの診療と検診について

category:要旨
2014.06.30

乳房トモシンセシスを用いた乳がんの診療と検診について

*1 高崎総合医療センター 乳腺・内分泌外科
*2 同 放射線部
鯉淵幸生*1、藤田克也*2

 乳房トモシンセシスは乳房を短時間で複数回スキャンし、複数の角度で静止画像を収集し再構成する三次元撮影技術である。この画像を用いることにより、重なりを低減することができるため、周囲に浸潤する乳がんの微細な辺縁の形状を認識し早期発見できる可能性が高まる。また、検診でのFAD所見の過剰な拾い上げもなくなるが、従来は見えなかった小さな病変が見えてしまい現状では要精検率は低下しない。

 Digital breast tomosynthesis (DBT) is a three-dimensional imaging technique, which reconstitutes to collect images at a plurality of angles by scanning the compressed breast multiple times in a short time. DBT reduces the effect of tissue superimposition and may improve mammographic interpretation. The addition of DBT to standard mammography can recognize the shape of a fine edge of breast cancer infiltrating around the tumor breast and may improve breast cancer detection. The reducing effect of tissue overlap in the breast can reduce the false positive recalls derived from the focal asymmetric density, however, small lesions we were unable to see in the conventional mammography can be recognized, total recall rates is not reduced.

2014年7月臨時増刊目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る