最新CT装置のトレンド

category:要旨
2014.03.26

最新CT装置のトレンド
藤田保健衛生大学医療科学部 辻岡勝美

 最近のCTは技術開発が顕著である。検出器は16列、64列から320列に増え、面検出器CTとなった。スライス厚は最
も薄くて0.5mm、X線管の回転速度も多様である。そして、dual source CTが開発された。それらのCT装置の最終目
標は、「広いカバレッジ」「高い三次元的空間分解能」「優れた時間分解能」、そして「被曝低減」の実現である。

 As for the recent CT, technology development is remarkable. The number of the detectors rows
became 320, it is called as the two dimensional detector CT. As for the slice thickness, 0.5mm,
rotary speed of the X-ray tube became various. And dual source CT was developed. The final aim
of those CT devices is realization of “wide coverage” “high spatial-resolution at three-dimensional”
“high temporal-resolution” and “reduction of the patient dose”

2014年4月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る